簡単!即効!わずか5分で改善できる【○○恐怖症克服マニュアル】返金保証付き
健康的にダイエット!【健康になった上に痩せるのです。味覚も変わる!?】

食べ物

おせん的カレーパンレシピ&裏技

前回の記事についてのレシピを書こうと思う。

自分たち用の覚書という意味をこめて。

12個分(ウチではこれの半量で作りました)

強力粉 300g
 6g
砂糖 18g
全卵 30g
 150g
ドライイースト 6g

サラダ油 24g
カレー 適宜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


@青字の材料を大き目のボウルに入れ、さっくり混ぜる。

A水気がなくなったら、押し付けるようにこねる。
 (生地がベタベタしてこねづらいが頑張る)

B生地がまとまったらサラダ油を加えてひたすら練る。
 (ぬるぬるして、こんなの混ざるのかっ?と思うかもしれないが大丈夫。
  ひたすら練り続けると馴染んでくる)

Cパンの匂いがしてきて、ほんのりあたたかくなったらもう少し。
 表面がツヤツヤになったら、表面を内側にめくり入れるように丸くする。
 ボウルにラップをして30℃くらいのところで1時間放置。
 (パンをこね始めて2、30分くらいでできたような・・・)

D倍の大きさになったら、12個(半量なら6個)に切り分ける。
 サイズの微妙な違いは気にせず、ちぎったりしない。

Eそれをまた表面をめくりいれるように丸くして並べる。
 乾燥しないように、かたくしぼったふきんをかけて20分放置。
 (また膨らむので隙間を空けて並べること)

F麺棒でのばしてカレーを包む。
 (カレーを欲張ると生地がカレーの油でくっつかなくなってしまう)

Gまた30分放置。

H165℃くらいの低い温度で片面2分30秒ずつ、計5分揚げる。

そうして完成したのがこちらのカレーパン。
 ⇒ おせん的カレーパン


追記

今回、カレーを包む際、冷凍していたカレーを使いました。

卵が入っているプラケースの上半分(浅い方)にカレーを入れて冷凍しておいたもの。

これでとても楽に生地にカレーを包むことができましたが、包んだあとに、どうしても中で溶けてきてしまい、パン生地がしめってきて破れそうになってしまいます。

だから実はGはカットして、包んですぐに揚げました。

もちろんカレーパンに問題はありませんでした<(_ _)>


他のレシピ
チーズケーキから人生を
デブログ的メイプルシロップ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
ランキングに参加しています。

ブログランキング  人気ブログランググレー.gif  くつろぐブルー.gif

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。